コールセンター革命シリーズ
コールセンター働き方革命「WORKS.REPORT」

「名も無き仕事」を見える化!働き方に革命を!

「オペレーターやスタッフの生産性を上げたい」

「働き方の “どこに” 課題があるかを見える化」

業務の効率化へ

従業員には「名も無き仕事」と言われる業務が多くあると言われています。
オペレーターであれば架電をする前の準備作業や、架電後の入力作業、社内との調整など、主業務以外の「名も無き仕事」が効率を下げている可能性があります。
またリモートワークが進み、従業員の体調やメンタルも見えにくくなっています。
WORKS.REPORTは「名も無き仕事」や「従業員のキャパシティ」を見える化し、従業員にとっても管理職・経営者にとってもメリットがある解決策につなげることができます。

マンガで分かる!コールセンター働き方革命「WORKS.REPORT」

WORKS.REPORT導入前マンガ

「働き方レポート」の特徴

「働き方」の見える化- チームサポート -イメージイラスト

「働き方」の見える化

– チームサポート –

社員の調子を「見える化」し、健康状況やモチベーションなど組織マネジメントをサポートします。

「名も無き仕事」が一目瞭然に!!!

  • PCログ(PC上の業務内容)
  • 日報(PC以外での業務内容)
  • 体調(日報から)
気づきの活性化- 自律型促進 -イメージイラスト

気づきの活性化

– 自律型促進 –

PCログそれぞれのデータをふりかえって「自律した働き方」へ向けた新たな気づきを生み出します。PCログそれぞれのデータをふりかえって「自律した働き方」へ向けた新たな気づきを生み出します。

  • 働き方を1分単位で見える化するので業務の振り返りが確実に出来る
  • カテゴリ分けで見やすい
業務の効率化- 生産性向上 -イメージ図

業務の効率化

– 生産性向上 –

PCログから作業の種類を自動で分類。そこからボトルネックや作業のムダ等を見つけ自動化などのきっかけを作り出します。

発見、改善、効果、把握の概念図

データから導く「気づき」の例

「働き方レポート」を使用すると、蓄積されるデータから様々な「気づき」を得られます。

ムダの発見アイコン

ムダの発見

コミュニケーション促進アイコン

コミュニケーション促進

リモートワーク達成度アイコン

リモートワーク達成度

集中/達成度合いアイコン

集中/達成度合い

申告と実態の乖離アイコン

申告と実態の乖離

不調者の発見アイコン

不調者の発見

Works.Report 導入後イラスト

ご利用の流れ

以下の3ステップでご利用頂くことが可能です。

1日の利用の流れ

社員は業務開始から業務終了時の活動状況を登録することで、1日の活動の「見える化」をすることが出来ます。登録作業や他の従業員の活動状況確認は、PCだけでなくスマートフォンからも可能なので、移動中等をはじめとしたすき間時間を効率よく活用頂くことが可能です。

「ワークスレポート」のお問合せはこちらへ