CTI導入のメリット【不動産編】

コールセンターシステム導入で売上アップ。
繁忙期の電話に確実に対応。

AmeyoJ AmeyoJ  導入事例 CRM CTI CTIインバウンド事例 CTI導入検討 IT トレンド IVR PR TIMES Tips アウトバウンド インバウンド オムニチャネル オンプレ キャンペーン クラウド クラウドコールセンター コスト削減 コールセンター コールセンター業務 スモールパック テレワーク プレスリリース プレゼント プレディクティブコール ヘッドセット リモートワーク 売上向上 応対品質向上 応答率アップ 教育 架電接続率 業務改善 電話 顧客情報 顧客満足度アップ 顧客管理

導入の目的

不動産業界では、繁忙期の1~4月に電話が殺到しており、対応できない電話も多い。
客単価が高いため、確実に顧客に対応したい。
また、対応の予定などの共有も口頭や紙ベースでアナログ。

導入の効果

コールセンターシステムを使えば、空いてる営業に優先的に着信。
チャットでの対応も可能であるため、一人の営業が複数の顧客を対応して、売上アップが見込める。

マンガで分かる!CTI導入のメリット

事業社様インタビュー

不動産業界の繁忙期の電話対応

不動産業界では、多くの売上は、1〜4月の新生活に向けた物件の契約からなる売上で構成されています。お客さんの中には、物件の候補を探しや内見の予約などを電話で行う、お客様も多くいらっしゃいます。そのため、この時期の電話は、営業の電話対応が間に合わず、お客様の電話待機中に切断されてしまうケースが多いです。不動産は、客単価が大きく、一回の契約が長くなることが多いので、1件でもお客様を逃したくないというのが本音です。しかし、人手不足などでなかなか対応できない着信もあり、課題は残っています。

顧客の離脱は、AmeyoJで解決
AmeyoJのCRMを利用した、顧客管理の時間短縮で、対応可能な通話数をUP
チャット応対やマルチチャネルへの誘導で、他社への移行を防止

電話待機中の顧客が離脱してしまうのを防ぐには、電話待機の時間を退縮するか、電話待機中に電話以外の営業チャネルに誘導するかの二つの選択肢が基本的にあります。
前者では、AmeyoJの顧客管理システム(CRM)を用いれば、着信と同時に顧客の過去のやりとりなどが立ち上がるため、必要情報のメモなどを素早く行うことができます。そのため、電話後の事務処理の時間を短縮でき、結果として、電話対応が可能な時間を増やすことにつながり、売上がUPします。また、後者では、電話の際にSMSなどで内見予約のWEBシステムや公式のラインアカウントなど複数の営業チャネルを案内をすることで、顧客の他社への移行を防ぐことができます。

AmeyoJ操作画面

さらなる効率化に向けた、機能の活用
トークスクリプトなど機能を登録することで、質の高い営業を実施

コールセンターシステムのトークスクリプト機能を用いて、定型的な営業トークや手続きの流れを事前に登録しておくことで、質が高く、短時間の電話対応が可能になります。
AmeyoJの顧客管理システム(CRM)を用いれば、お客様別の対応履歴が簡単に作成可能です。営業間での顧客情報等の情報共有もスムーズで、チームでの集客数の向上が見込めます。