こんなときこそAmeyoJ!- オペレーターそれぞれのレベルに合わせて教育できる- 

送電線

オペレーター毎のレベルに合わせてフォローできるので安心です

目次

例えば電力会社の場合

電力会社

○○電力株式会社の場合

業務内容電力小売や発電、送電を行う。コールセンターでは、引っ越しやオフィス移転に伴う個人・法人からの電気使用・停止の問い合わせから、電柱や送電設備の破損・故障まで、幅広く対応。
春の引っ越し時期や秋の台風の季節は、電話問い合わせが爆発的に増加する。
課員数30名

業務課題

地域の電気使用契約から電力送電設備の管理まで行う電力会社では、個人の引っ越しに伴う電気の利用開始・停止はもちろんのこと、電柱・電線の不具合のような設備のお問い合わせなども電話で対応しています。

この幅広い電話問い合わせに対応するため、オペレーターには幅広い知識と経験が必要となります。

また、問い合わせ内容によっては営業、技術部門との円滑な連携も重要です。

電気の利用開始・停止は3月から4月の人が移動する時期、停電や電柱・電線設備についてのご連絡は台風が多い8月から9月に集中します。

この繁忙期に円滑な顧客対応を実現するためには、スタッフの拡充はもちろんのこと、効率的なスタッフ教育も課題となります。

AmeyoJなら解決!

AmeyoJは、顧客管理データベースとの連携だけでなく、オペレーターの対応状況をリアルタイムでモニターし、その場で上長が的確なアドバイスができるコミュニケーション機能も搭載しています。

AmeyoJで解決できること

オペレーターが対応している状況をリアルタイムで確認して、必要に応じて「ささやき」機能でオペレーターにアドバイスすることができます。→ コールモニタリング機能

AmeyoJささやき機能モニター画面

期待できる効果

  1. モニター機能でオペレーターの状況がリアルタイムに把握できるので、アクシデントが起きた際にも的確にに対応できるようになります。
  2. オペレーターごとの能力を個別に把握できるので、個々人のレベルに合わせた効率的な教育ができます。
  3. チャット機能でオペレータ同士の連携が円滑にできるようになり、顧客満足度も向上できます。
  4. CRM連携により部門を横断して情報共有ができるので、コールセンターと技術部門をスムーズにつなげられるようになります。

注釈)本記事は導入を想定したものです。実在の人物や団体とは関係ありません。

目次